日本人の2人に1人以上が不眠症

日本人の2人に1人以上が不眠症状に悩みを抱いていることがわかりました。

MSD(株)の調査によりますと、「不眠症の疑いがある」人は全国で40.2%、「不眠症の疑いが少しある人」も含めると59.4%という結果でした。

さらに不眠の悩みを持っているにもかかわらず、医師へ相談していない人が58.2%もいました。

人間関係が複雑な昨今、ストレスが原因で不眠症に悩んでいる人がこんなにいるとは悩ましい限りです。   

「ああ、すんなり眠れない・・・」そんな悩みを持つ方、病院に行く前に、PLUTONを試してみませんか。

「PLUTON」で安眠を手に入れる

不眠症で医師から処方される睡眠薬にはセロトニンが配合されています。セロトニンは3大ホルモンの1つで、幸せホルモンと呼ばれる一番大事なホルモン。

イライラを抑え、心を穏やかにします。セロトニンは日中、自然に生成されていますが、ストレスで十分に生成できない人が増えています。

セロトニンが不足すると睡眠ホルモン・メラトニンの分泌が減り不眠症などの睡眠障害が発生します。つまりセロトニンの分泌を増やせば睡眠ホルモン・メラトニンも増加し、よく眠れるようになるのです。

PLUTONは枕に敷いて寝るだけで、セロトニンの分泌が期待できます。実証実験でアルファ波の増大が確認されましたが、これがセロトニンが増えている証拠です。

アルファ波が脳で増加するとリラックス効果が生まれますが、実はこの時、脳にはセロトニンが大量に分泌されているのです。まさに幸せホルモンと呼ばれる所以ですね。

PLUTONの生地には「テラヘルツ波」「遠赤外線」「波動」に加え、マイナスイオンが重なり合った複合波が放出されており、脳に瞬間的に届きセロトニンの分泌を促します。

PLUTONで快眠サポート PLUTONセロトニンαをお試しください!

購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です